サイトマップ

2015年の懲戒処分件数

2015年の懲戒処分件数は97件で、過去最多を記録した前年より4件少ないという結果が発表されましたね。
他にも「除名」が3件、「退会命令」は5件だったのだそうです。

この懲戒制度には、以下の4つがあります。

弁護士に対する懲戒の種類(同法57条1項)

・戒告(弁護士に反省を求め、戒める処分)
・2年以内の業務停止(弁護士業務を行うことを禁止する処分)
・退会命令(弁護士たる身分を失い、弁護士としての活動はできなくなりますが、弁護士となる資格は失いません)
・除名(弁護士たる身分を失い、弁護士としての活動ができなくなるだけでなく、3年間は弁護士となる資格も失います)

この弁護士等に対する懲戒の請求は、事件の依頼者や相手方などの関係者に限らず、誰でも請求することができ、請求はその弁護士等の所属弁護士会に請求することになります。
弁護士の懲戒手続の流れ

2015年における請求の数は2681件となっており、その内、186件が審査され、97件が懲戒処分となったのだそうです。

画像
懲戒請求事案の新受件数の推移より

内訳は、「戒告」が59件、「業務停止」が30件、「退会命令」が5件、「除名」は3件となっています。

懲戒処分の中でも重い処分である「除名」や「退会処分」の理由は、以前当ブログにも掲載した懲役13年を求刑にもあるように、依頼者から管理を任された「預かり金」などの着服が多いそうで、弁護士だけではなく、社会的責任の高い司法書士の横領や公務員の着服なども増えていますから、いつの時代もお金のトラブルはなくならないものです。


関連記事
懲役13年を求刑 (02月18日)
2015年の懲戒処分件数 (03月03日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
タグ: 懲戒処分

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):