サイトマップ

マイナンバー制度にメリットなしという結果に

マイナンバー法が2016年1月から施行され、早2ヶ月が過ぎてしまいましたが、東京商工リサーチのアンケート調査によると、いまだに「メリットなし」「情報漏洩リスクへの懸念」という意見が多く、前回の調査よりもメリットなしと判断した企業は増えているのだそうです。

まぁ、そうでしょうね・・・
どう考えても現状のところ、国以外にメリットを受けれるような内容になっていませんからね。

マイナンバー制度への対応については、中小企業にとっては具体的なメリットが全く見えてこないうえ、対応するための負担やリスクがとても大きく感じられます。

対応することによるメリットが大きく明確であれば、こぞって対応を行っていくのでしょうが、とりあえず始まったというような制度であれば、迅速に広まっていくことはありえないでしょうね。

なんだか、自転車ルール改正の時と同じような雰囲気を醸しだしてきましたね。


関連記事
香川と長野の2人に重複交付 (02月23日)
マイナンバー制度にメリットなしという結果に (03月01日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):